転倒と対応策

若い人が転倒した場合には、床が滑りやすい、暗い場所で転びやすかったなど、環境要因による診断など、原因が比較的容易です。しかしながら、高齢者が転倒を起こした場合には、その原因は身体的な原因であるケースもあり、原因を多角的に分析する必要があります。例えば、老化により視覚障害、具体的には白内障や老視、認知障害、筋力低下、足の感覚不良。または聴覚障害を持つ患者は、新しい環境では十分に動き回る事ができないということもあり、転倒の原因である可能性があります。また、脳血管障害による片麻痺、発作、不整脈、狭心症または心筋梗塞、代謝異常、糖尿病などに加え、うつ病、などの心理学的要因もあるでしょう。

検査は尿検査やX線検査、心電図、肝臓機能検査、感染や貧血の有無をしらべる全血球検査などが上げられます。感染、脳血管障害、心筋虚血、心筋梗塞、消化管出血など、潜在的な原因を治療することになります。

また、患者がふらついていて、歩行に支障がある場合には、筋力の低下が認められる場合には、運動について理学療法士との相談の上、治療していくことになります。なお、高齢者の場合には自宅での転倒など、環境要因であるケースも多くなっています。その場合には、家の中の段差をなくす、便座を高くしたトイレにする、滑らないマットを使用する、コンセントを増やし、延長コードを出入り口に留める工夫をするなど、家の中の障害物を減らすことで転倒を防ぐ方策が重要となります。

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

管理人:永村先生

staff
こんにちは。サイト管理人の永村先生です。内科についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@rakutensport.com

Please publish modules in offcanvas position.