貧血になるとまず疑うのが栄養不足。

今の時代、食事は何かとバランスが崩れたメニューになりがちですし、完璧に健康だけを優先してしまうと、美味しいものが一切食べられません。

内科のお医者さんから、お酒を飲んだりタバコを吸ったりするのを抑えるように言われることがあると思いますが、食べ物に関しては割と制限が広い場合もあります。

もちろん際限なく食べ続け、動けないほど満腹になってしまうのは好ましくありません。必要な栄養素が取れず、貧血の原因になってしまう場合も多いです。

このように食事による栄養が足りずに貧血になるパターンが身近ですが、これ以外にも、国外から来る病気によって貧血になるケースも実はあるのです。

実際に内科に運ばれた20代の男性は、高い熱と体全体のだるさ・貧血を訴えていました。

原因はマラリアというもので、名前だけは知っているという人も多いかもしれません。

国内にずっと住んでいると分かりませんし、ほとんどの方が一生のあいだ縁のない病気であると言っても良いでしょう。

内科の先生による速やかな検査・措置によって男性は助かったものの、遅れていた場合、命にかかわるおそれがあったそうです。

日本でもエボラ出血熱などが流行った時期がありましたが、国内で生活しているからと言って、必ずしも国外の病気にかからないとも限りません。

今後ますます日本の人口は減っていくでしょうし、移民政策が現実的になれば、政治事情はもちろん、感染症への対策も必須となってきます。

貧血の原因ですら国外病になり得る現代。

何が原因でどんな病気に発展するか分からない以上、普段から内科での検査を受け、健康な状態をキープすることが求められています。

 

貧血や低血圧といった病気は、主に女性のほうがかかりやすいイメージがあるかもしれません。

とはいえ体質的な面や食生活・生活環境によっても左右されますし、老若男女だれがかかってもおかしくない病気です。

軽い状態であれば自己ケアで解決を目指せますが、長引いていたり悪化していたりする場合は専門の内科の先生に相談したほうがいいかもしれません。

貧血は慢性的なものに限らず急激に陥るケースもあり、その多くは入院に繋がることがほとんどだそうです。

「貧血でそこまで重症になることってあるの?」と思う方もいるかもしれませんが、ある内科の先生が担当した60代後半の男性は、

ナトリウムの急激な低下によって危ない状態になっていたとのこと。

訴えた症状としては頭の痛み・吐き気・熱といったものが主なもので、一見すると風邪のように思えるような症状です。

しかし調べていくうちに正気が正常に保ちにくくなったり、各種検査での異常値が出たりしたことから、原因の特定に至ったそうです。

もちろん内科的検査はひと通りではなく、対処したレスポンスから新たな事実が分かる場合も少なくありません。

この男性のケースでも、あるタイプの貧血と判定されましたが、熱などの状態変化から他の病気を疑い、特定の薬を使わずに様子を見たようです。

結果的に原因の症状を突き止め、副腎における不具合が見つかったのでした。

このように内科的な処置は、この病気にはこの薬、といったようなマニュアルどおりに実行されるとは限りません。

急激な貧血がどこから引き起こされていたのか、どのように改善の手順を踏んでいけば良いのかといった具体的な判断は、内科の先生次第というのが実際のところです。

 

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

管理人:永村先生

staff
こんにちは。サイト管理人の永村先生です。内科についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@rakutensport.com

Please publish modules in offcanvas position.