不整脈への内科的処方

特に異常がなければ人の脈は一定のバランスを保ち、コンスタントに波を打ち続けています。

ところが何らかの形で脈が整わず、血液の流れが不自然になってしまうことも珍しくありません。

中でも正常な回数を遥かに超えて脈を打つような場合、内科的には頻脈(ひんみゃく)と呼ばれています。

頻繁に脈を打っている状態から付いた名前と考えられます。

単に脈のスピードが早くなるだけであれば、全力で走りまわったり、激しめのスポーツを行ったりしたときと変わりないと感じるかもしれません。

その場合は有る程度すれば収まりますから、これといった問題は出てこないことが多いでしょう。

しかし脈が整わない状態が慢性化し、異常なまでに早いスピードで脈を打つような事態になったときは危険信号。

重症化すると心臓からはもはや血液が送れず、帰らぬ人なってしまうおそれがあるのです。

その前に専門の内科を受診することが重要になりますが、普段から気にかけていないとなかなか分からないものです。

ちょっと心臓に違和感があるような場合であれば、一瞬気に留めてもすぐに忘れてしまいますし、内科を訪ねて検査を受けるまでには至らないものです。

とはいえほんの少しのサインを見逃したがために大きな病気に発展するケースも少なくありません。

普段から体のサインを見逃さず、脈の打ち方がおかしいなと感じたら、迷わず内科クリニックで診てもらいましょう。

原因としては、心臓に関する病気をすでに持っている方に多く見受けられますが、

健全な体の状態の人でもお酒を大量に飲んだり、コーヒーを何倍も飲んだりしたときに表面化するケースもあるようです。

くれぐれも摂取量にはじゅうぶんに注意してください。

 

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

管理人:永村先生

staff
こんにちは。サイト管理人の永村先生です。内科についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@rakutensport.com

Please publish modules in offcanvas position.