気管支の疾患

よく食べ物を食べているとき、しゃべりながらで気管に入りそうになった経験がある方も多いのではないでしょうか?

あわててせき込んで、なんとか復活できたときはホッと一安心。次はもっとゆっくり慎重に食べようと思ったりするものです。

内科的には、のどから空気が流れる通路である気管にかけての呼吸的病気を気管支喘息と呼びます。

症状としては呼吸が苦しくなったり、痰が出たりするような場合が挙げられるようです。

痰が出ただけでは通常の状態と変わりないかもしれません。

しかし胸に苦しさを感じる場合や、痰の量が異常であるような場合には、内科的に気を付けないといけないそうです。

また時期的なものとしては、夜寝ているあいだに咳が出るか・胸が苦しくなるかといった点がチェックポイントに。

特に重症な方は現在内科から出されているお薬のタイプや、入院したことがあるかどうか等もあわせて聞かれるようです。

使用するお薬も割と長い時間効果を発揮するものから、それほど長くないタイプのものまで、症状によって使い分けるとのこと。

表面化している状態から判定して見極め、どの薬を選択していくのかが内科の先生の腕の見せ所と言えます。

昔はそれほど多くなかったと言われる気管支疾患の患者さんは、いまでは毎日のように来る内科クリニックも存在しているようです。

空気の汚染に関する問題は昔から騒がれていましたが、いまは3.11以来の原発問題などもありますし、

最新の除去テクノロジーがどれほど進むかにも期待がかかっていると言えるでしょう。

実際に発症してしまった場合・ツラいくなってきた場合は、自分で対処して治そうと無理せずに、内科の先生に診てもらうようにしてくださいね。

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

管理人:永村先生

staff
こんにちは。サイト管理人の永村先生です。内科についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@rakutensport.com

Please publish modules in offcanvas position.